ガレージ床のフロアタイルDIY ケレン作業

2014.2.18DIYブログ

ガレージの床のリフォームとしてフロアタイルをDIYで貼ることになりました。まずはフロアタイルを貼る床面にケレン作業を行います。 ケレン作業とは、一般的に塗装工事などにおいて、さび落としや旧塗膜の除去などを行うことを言いますが、作業前に下地を平らにする(滑らかにする)という意味があります。 フロアタイルを貼る場合も、下地に凸凹があるとそ ...

ガレージの床のリフォームとしてフロアタイルをDIYで貼ることになりました。まずはフロアタイルを貼る床面にケレン作業を行います。

ケレン作業とは、一般的に塗装工事などにおいて、さび落としや旧塗膜の除去などを行うことを言いますが、作業前に下地を平らにする(滑らかにする)という意味があります。

フロアタイルを貼る場合も、下地に凸凹があるとその部分だけ、フロアタイルが浮き上がってしまうので、必ずケレン作業を行うようにと、内装職人の友人にアドバイスを貰いました。

ケレン作業

基礎と床面の間のペンキを剥がします。

今回フロアタイルを貼るガレージの床は、モルタル塗装仕上げで、表面も綺麗なのでケレン作業の必要はありませんでしたが、床面と基礎面の境目にペンキが浮き上がっている部分があります。このままフロアタイルを貼ってしまうと、端の部分が浮き上がることになるので、ペンキを剥がす作業を行うことにします。

スクレイパー作業

スクレイパーでケレン作業

ケレン作業には、スクレイパーを使用します。浮き上がっている塗装を剥がすだけなので、スクレイパーを押し当てるだけで力を入れずに剥がすことができました。床面も塗装が盛り上がっている場所が数カ所あったので、剥がしておきます

隙間の画像

基礎と床面の間に隙間が発生。

ケレン作業後の様子です。床面と基礎の間に5mmほどの隙間が空いています。これは、建築当初は無かった物で、ガレージの床面が沈んでいるのでしょうか?このままフロアタイルを貼っても、この隙間は隠しきれないので、幅木(はばき)のような仕上げ材などで仕上げが必要になりそうです。

作業終了の写真

ケレン作業終了

1時間ほどでケレン作業終了しました。隙間部分を隠す方法は、フロアタイルを貼り終わってから、ゆっくりと考えることにします。

つぎは、フロアタイルを貼る基準線を引く作業を行います。


DIY作り方大百科タイトル画像
月別アーカイブ 
キーワードで検索 
おすすめ ウッドデッキ ガレージ トップ10 作り方 塗装 子供 木工 道具

このサイトはリンクフリーです。リンクの際には、ご連絡いただかなくて結構です。基本的にどのページにリンクして頂いても構いません。