DIYの道具・材料

コーススレッドの写真1

コーススレッドはDIYでも良く使われるネジ

コーススレッドはいわゆるネジで、粗目造作ビスとも呼ばれています。従来は釘で木材を固定するなどしていた部分にコーススレッドを使うことが多くなってきました。

コーススレッドは、ねじ山の目が粗く、細めの芯を持つので、ネジと釘の間の性質を持っており。高いネジ山と長めのピッチにより、釘に比べて5倍もの保持力を発揮します。

価格は従来のネジなどと比べてもコーススレッドのほうが安いので、プロの職人の方はコーススレッドを使うことが多いようです。2×4などを使ったDIYでも良く使われるネジの種類です。通常数百本入の箱で売られているのですが、DIYの多くの場面で使用しますので、多めに買ってストックしておくのが良いでしょう。

スポンサードリンク

コーススレッドの特徴

コーススレッドの写真2

木の中で空回りしにくく強い力で部材を固定できます。

コーススレッドはネジの先端がドリルの刃先の様になっており、先端で木材を切削しながら、ねじ込んでいくので、木材の割れが少なくて済み、強い力で部材を固定できます。

コーススレッドは材質が硬鋼線でできているため、インパクトドライバーで締めてもネジが切断されにくく、高いネジ山と長めのピッチにより、木の中で空回りしにくい構造になっています。

釘の5倍もあるといわれる強い保持力のおかげで、釘浮き、板浮きや板鳴りにが起きにくいことがコーススレッドの特徴です。

コーススレッドの用途

コーススレッドの写真3

コーススレッドは、木と木の接合に使います。

コーススレッドは、基本的に木と木の接合に使いますが、ソフトウッド(柔らかい木)でも、高いネジ山と長めのピッチにより、ネジが空回りしにくいので、住宅建築などの下地のネジ締めに良く使われます。

屋外で使用するコーススレッドの場合は、さびにくいステンレス製のコーススレッドを使います。屋外に設置するウッドデッキなどは、鉄製のコーススレッドは時間が経つと錆びて、強度も弱くなってくるので、ステンレス製のコーススレッドをお勧めします。

コーススレッドの長さは、固定する木材の厚さの約2倍あればよいでしょう。ウッドデッキ製作などでは、コーススレッドを打ち込むのにインパクトドライバーが便利です。

コーススレッドの材質

コーススレッドの写真4

ステンレス、ユニクロメッキ、クロメートがあります。

コーススレッドの材質には、ステンレス、ユニクロメッキ、クロメートがあります。

ステンレス製のコーススレッドは、屋外や水回り付近のねじが錆びて欲しくない部分で使用します。価格はユニクロのコーススレッドより3〜5割ほど高く売られています。

ユニクロメッキのコーススレッドは、メッキ処理されているので錆びにくく最もポピュラーなコーススレッドの材質です。長さも40〜120ミリと多くの長さが販売されています。


DIY生活編集部オススメ記事 編集部員の個人的なお気に入りや、おすすめの記事をご紹介します。

フロアタイルの貼り方-DIYのポイントと道具
2013.5.20|木工・工作
フロアタイルの貼り方-DIYのポイントと道具
DIYでのリフォームに最適なフロアタイル。 フロアタイルとは、石の柄や木目のフローリングなどをリアルに再現した塩ビ製のタイルです。 専用の接着剤で床に貼って行くだけの簡単な施工で本物らしく仕上がるので、DIYでのリフォー […]...続きを読む
パイン材(無垢材・集成材)
2012.12.14|DIYに便利な様々な材料
パイン材(無垢材・集成材)
カントリー家具の素材として人気のパイン材 パイン材とは、「松の木」で作られた材木のことです。フローリングや壁材などの素材として人気のあるマツ科の針葉樹です。主な産地は北米のカナダで、種類は50種類以上あると言われています […]...続きを読む
ウッドデッキの塗装
2012.8.26|ウッドデッキ
ウッドデッキの塗装
定期的なメンテナンスが長持ちのポイント ウッドデッキを長持ちさせるには、定期的な塗装が必要です。前回塗装したのは、昨年の春で、約1年半前になります。1年半で塗装剥げが目立つようになり、水弾きもなくなって来ている状態です。 […]...続きを読む